Menu

教育目標

Home

ごあいさつ

"三つ子の魂百まで"とよく言われておりますが、お子様の就学前の大切な時期に、よりよい教育を受けさせたいと言う願いは、保護者として当然の心情と存じます。
特にここ数年来、幼児期から”心豊かな人間性の育成を”と言う、社会における関心が高まっております。
当園では、21世紀を担う、一人ひとりの園児の健やかな成長を心より念願し、保育活動の更なる充実と、より適正な施設・設備の配備に努め、保護者のご期待にお応えできますよう、一体となって取り組んでおります。   

教育要領 (健康・人間関係・環境・言葉・表現) に基づき、次の具体的な目標に取り組んでいます。

心身ともに健全な、調和的発達をはかり、人間形成の基礎を培う。
家庭との連携を緊密にして、日常生活の基本的な習慣・態度を育成する。
生物を愛護することや、身近な自然の事象に、興味、関心を育て、豊かな心情を養う。
人の話をよく聞いたり、自分からも話し合ったりする、意欲や態度や感性を養う。
音楽、遊戯、絵画、創作などを通して、豊かな感受性を育て創造性の芽生えを培う。
花を育て、動植物をかわいがる子は、心のやさしい子に成長します。
心をこめて、自然や人や物に感謝する健康児を育てましょう。